【女性向け】タップル誕生でモテるプロフィールのコツと例文を紹介

夏はお祭り、冬はクリスマスなどイベントまでに彼氏がほしい!と思っていませんか?

累計登録者数400万人を突破し、毎月7,200人に恋人が誕生しているタップル誕生は、20代の男女から出会えると評判です。

今までにタップル誕生でマッチングした数は1億2,000万人を突破しているので、素敵な彼との出会いが期待できます。

タップル誕生で異性と出会うときに、一番重要なのはプロフィールです。

相手に顔写真やプロフィール内容を見て「この子を話してみたい!」と思ってもらわないと、「いいかも」やメッセージはもらえません。

そうはいっても、「どの写真を設定しよう?」「自己紹介には何を書こう?」と迷ってしまいますよね。

この記事では男性ウケするプロフィール写真と自己紹介文を設定するコツを紹介していくので、「早く彼氏がほしい!」と思っている女の子はさっそく実践していきましょう。

男性が女性のプロフィールでチェックしていること

タップル誕生で男性が女性のプロフィールを見るときに、特にチェックしているのは2つです。

  • プロフィール写真
  • 自己紹介文

タップル誕生では特に2つが重要視されます。

タップル誕生はユーザーを一覧で表示する仕組みがなく、1人ずつ顔写真が大きく表示されるため、顔写真で好印象を得られないと、プロフィール内容を見てもらえません。

また、タップル誕生で男性受けするプロフィールをつくり、男性からアプローチされる数が増えたとしても、理想の相手に「いいかも」や「ありがとう」をもらわないと良い出会いには繋がらないのです。

男性ウケが良いプロフィール写真と自己紹介文のコツを駆使して、理想の男性から「いいかも」や「ありがとう」をしてもらいましょう。

最も大事なのはプロフィール写真

タップル誕生のプロフィールの中でも一番大切なのが、プロフィール写真です。

タップル誕生のプロフィールはメイン写真を1枚、サブ写真を2枚設定できるのできっちり3枚は設定しましょう。

男性ウケが良いプロフィール写真のポイントを紹介していきます。

1枚目は顔がはっきりと写った笑顔の写真

タップル誕生では、異性を検索する画面で1枚目のプロフィール写真が大きく表示されます。

1枚目の写真を見て男性から興味を持ってもらわないと「いいかも」はもらえず、マッチングもしません。

男性があなたのプロフィール写真を見て「話をしてみたい」と思ってくれるように、人当たりが良い笑顔の写真を選びましょう。

できれば正面を向いている写真で、あなたの顔がはっきりと認識できるものを選んでくださいね。

サブ写真は全身や違う角度の写真を2枚

サブ写真には全身写真や趣味をしている写真、違う角度から撮影した写真など、1枚目の写真とは雰囲気が異なる写真を選びます。

タップル誕生のプロフィールには体型を選択する項目がありますが、女性と男性では「細め」や「普通」「ぽっちゃり」の判断基準が異なるので、全身写真があった方があなたの雰囲気がよく伝わります。

また、趣味をしている写真や仕事中の写真などは、親近感を持ってもらうのに効果的です。

食べ物や行ったことのある旅行先など共通点があるときは話が盛り上がり、メッセージでの話題にも使えます。

服装や髪型、背景まで気を遣う

プロフィール写真を撮影するときは、服装や髪型、背景にまでこだわりましょう。

髪型や服装が整っているだけで、男性からの印象はアップして「いいかも」を受け取る数は増えます。

服装は明るい色の洋服、大人っぽいスカートやワンピースなど、男性ウケが良い格好がおすすめです。

また、ときどき片付いていない部屋やトイレで自撮りした写真を載せている人がいますが、背景が汚いとだらしない印象を持たれてしまいます。
できれば旅行中のきれいな背景の写真やカフェでの写真など、可愛らしい清潔感のある雰囲気のものを選びましょう。

少し加工して自分をキレイに見せる

タップル誕生のプロフィールにアプリで加工しすぎて、顔のイメージが異なる写真を使ってはいけません。

ただし、自分の写真を少しでもよく見せるために、肌の調整をしたり、写真の明るさを変えたりすることは大切です。

タップル誕生は1枚目の顔写真で「いいかも」の数やマッチング率が変わるので、少しでも男性からアプローチされる量を増やすために少しだけアプリで加工してくださいね。

自己紹文で人柄をアピールする

顔写真の次は、自己紹介文を見て相手にあなたの人柄やどんな人と出会いたいのかなどを知ってもらう必要があります。

タップル誕生で男性から好感を持たれる自己紹介文のテンプレートは、だいたい決まっているので、これから紹介するポイントを意識して書きましょう。

最初はあいさつで始める

まずはあいさつで自己紹介文を書き始めることで、常識があり真面目な印象を相手に与えられます。

「はじめまして!」「プロフィールをご覧いただきありがとうございます。」など軽いあいさつで構いません。

おすすめの婚活、恋活アプリのサイトはこちらのリンクから移動できます!!

仕事や趣味、休日の過ごし方など

仕事や趣味、休日の過ごし方はあなたの人柄を伝えられるだけでなく、相手と共通点があったときに話題が弾むポイントでもあるので必ず記入しましょう。

仕事を詳しく知られたくない場合は、何系の職業に就いているのかを触れるだけでも構いません。

趣味や休日の過ごし方を書くときのポイントは、「趣味はメイクです」と女性にしかわからない趣味を書くのではなく、男性と共有できる映画や食べ歩きなどにしてくださいね。

男性と共有できる趣味を書いておけば、デートの約束にも繋がります!

タップル誕生に登録した理由

多くの男性は、女性がなぜタップル誕生に登録したのかを知りたがっています。

  • 出会いがないから
  • 彼氏と別れて寂しいから
  • 趣味友が欲しいから
  • 飲みにいく相手を見つけたいから など

タップル誕生は恋活目的や趣味友達を探す目的の人が登録しているので、あなたの利用目的がわかるように書いておくと、同じ目的の男性にアプローチされる確率がアップします。

どんな相手に出会いたいか

男性に求めることを書いておくことで、相手に理想のタイプをやんわりと伝えられます。

例えば「決断力がある人と出会いたいです」と書いていたら、自分のことを優柔不断だと思っている人からアプローチされる確率が下がるでしょう。

あまり押し付けがましく書くと性格が悪い女性という印象を持たれてしまうので、「〇〇な人と出会えたら嬉しいです」と自分の希望を軽く伝えてくださいね。

最後の一言

自己紹介文の最後には、「メッセージお待ちしています」や「よろしくお願いします」と書いておくことで、男性は女性にアプローチしやすくなります。

「自分がいいかもしていいのかな?返事返ってこなかったりして…」と女性に「いいかも」を送る自信がない人は多いです。

そこで締めの一言があると、男性が女性に「いいかも」を送る後押しができます。

シングルマザーやバツイチなども書いておく

もしあなたに離婚歴や子持ちなどの事情がある場合は、自己紹介文に記載しておきましょう。

あとから打ち明けても良いですが、マッチング前から自己紹介文にシンママやバツイチであることを書いておくと、理解のある人だけがアプローチしてくれるようになります。

最初に伝えておくと、あとから打ち明けなければいけないプレッシャーもなく安心してやりとりができます。

男性ウケする自己紹介文の例文を紹介

自己紹介文の例文を紹介するので、書き方がわからない人はコピペして自分に当てはまるように書き換えてくださいね。

(例文 始まり)

はじめまして。

職場やプライベートでは出会いがないので、登録してみました。

仕事は都内のメーカーでOLをしています。

趣味は旅行や映画鑑賞です。

休日は映画館に映画を観に行くことが多く、年に数回は国内や海外へ旅行に行きます。

性格はポジティブで楽観的で、楽しいことが大好きです。

毎日一緒に笑いあえたり、楽しく過ごせる男性と出会えたら嬉しいです。

いいかも、メッセージお待ちしていますね♪

よろしくお願いします。

(例文 終わり)

自己紹介文の文章量は1スクロール以内に収まる程度がベストです。

あまりに長いと読むのをめんどくさがられてしまい、短いとやる気がないと思われてしまいます。

15行前後の文章量を目標にしましょう。

まとめ

タップル誕生で理想の男性に出会いたい人は、まずプロフィールを充実させることが大切です。

男性は特にプロフィール写真と自己紹介文をチェックしているので、2つをきちんと登録しましょう。

この記事で紹介した男性ウケするプロフィールのコツをおさえれば、マッチング数は増えるはずです。

すでにタップル誕生に登録しているけど、思うようにマッチングしていない人はプロフィール写真と自己紹介文を見直してくださいね。

関連記事

  1. 「街コンでの会話が苦手・・・」そんな男性でもOKな出会い方3選

  2. マッチングアプリ・出会い系サイトに潜むサクラの見分け方3選

  3. 女性を目の前にすると緊張してしまうコミュ障の男性へ。改善策3つ。

  4. 【マッチングアプリ初心者向け】会うまでの流れ・コツを達人が教えるよ!

    【マッチングアプリ初心者向け】会うまでの流れ・コツを達人が教えるよ!

  5. 【男性向け】アプリ初心者必見!最低限守るべきプロフィール文章の掟5つ

  6. 【男性必見】無料出会い系アプリを絶対にオススメしない理由

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。